O脚とX脚の改善で美脚

真っ直ぐ立った時に脚は、両膝がキチンと前方をむいていて、かつその両膝の間が開きすぎず、くっつき過ぎもしないものが良く、それが正常だ。しかし、世の中にはそうでない人が多く、美脚というには相応しくないということで、美容的な悩みのタネとなっている。両膝が開き過ぎるのがアルファベットのO(オー)を描くようであることからO脚と呼ばれ、くっつき過ぎるのが、それに倣いX脚と呼ばれる。X脚は内股とも言う。
O脚は多数派である。日本人女性の8〜9割が、程度はあるものの、O脚の範疇に入ると言われている。ちなみにO脚はサッカー部に多いと言われている。これはインサイドキックや、常時行われる横の動きにより内転筋が発達し、太ももが太くなることにより両膝の距離が開くためである。筋肉が発達することにより、骨や骨盤もその形状、方向を変えるのだ。
つまり、O脚の原因は、まず何らかの原因により骨や骨盤がゆがむことであり、なぜゆがむのかといえば、サッカーではなく、大半は生活習慣が元である。これはX脚も例外でない。日頃、脚を組む、肩掛けバッグをいつも同じ方向に掛ける、ものを食べる時にいつも同じ側の歯で噛むなどの生活習慣が身体全体の骨や骨盤に作用するのである。これらの生活習慣の見直しがO脚やX脚を改善し、よりよい脚を手に入れることとなるだろう。