美脚と健康

美脚になりたい、という方は非常に多い。美しさを追求することは、女性にとって当然のことではあるが、中でも脚というのは見せることが多いだけになおさらである。しかし、人間として、また社会人として生きる以上、健康を損なうようなことがあってはいけないと考えるのは私だけであろうか。特に、若いうちは健康を軽視し、見た目の美を重視する傾向が強いように思えてならない。特に脚痩せに関しては、脂肪吸引やボトックス注射など、リスクがあるものが流行っている。特に筋肉を委縮させるボトックス注射というものは、筋肉を衰えさせ、代謝が落ち、活動量が減ってしまう。そこまでして美脚を手に入れたいという執念染みたものはご立派ではあるが、私に言わせればそれだけである。
とはいえ、細めることが必ず健康を損なうかと言ったら必ずしもそうではない。美脚のポイントのひとつに挙げられている足首とアキレス腱。それらの太さの原因は主にむくみであるが、アキレス腱が太いことは心疾患のリスクが増大するのだ。それはむくみではなく、コレステロール石灰化し、がアキレス腱に溜まることから、心疾患のリスクの目安とされるためである。
美脚のためにアキレス腱を細くしよう、そのために運動をしよう、というのは健康に取っても良いことなのである。